FC2ブログ
bykirinohana

地震の買い占め騒動で思い出したこと

先日あった大坂北部の大地震のニュースの中で、

すでに備蓄商品の買い占めが始まっている、という話を

耳にしました。

もしかしたら、と思って

大手家電ショップの通販サイトを見たら、

いつもそこで購入している水2リットルのケースが

お取り寄せになっていました。

そろそろ購入しなきゃと思っていた時期だけに、

またしばらく発送が遅れるのかぁと思うと少しモヤモヤ。

災害時だけに仕方ない面もあると思いますが、

一部の人だけが買い占める状態には

やはり納得がいきません。


これによって思い出したのは、東日本大震災の直後のとき。

あのときもスーパーから水やティッシュペーパーが消えて

困惑しました。

近所にある小さなスーパーでも例外なく

一部の棚がガラガラで、「入荷待ち」という張り紙がされていました。

そこまではある程度予想はついていたのですが、

レジで食品の会計を済ませようとしたときに、

あるものが目についてしまいました。

レジ打ちの係の人の脇には、

品切れになってるはずのティッシュBOXが。

他のレジでも、同様に紙製品が積まれていました。

お店の従業員が、あらかじめ自分たちのために

商品を確保していると悟ったとき、

なんだか悲しくなりました。

お店の人も一人の人間なので

生活があることは当然理解でき、

私がそのお店の従業員だったら同じことをやるかもしれません。

ただせめて、客の側から見えないところに

配慮してほしかったなと感じました。

しばらくして商品は通常のように

購入できるようにはなりましたが、

そのスーパーには自然と足が遠のいてしまうようになりました。

やはりあの買い占め騒動の件が、

ずっと頭に残っていたからかもしれません。

不信感というのは一度付いてしまうと

なかなか拭えないものだと実感しました。


今回も早く被災地が生活に落ち着きを取り戻し、

買い占め騒動も終わってくれることを願うばかりです。




関連記事
kirinohana
Posted bykirinohana