発酵食品の効果を知った素敵なイベント

kirinohana

-
先日、大和ハウスが主催するイベントフォーラム

「健康な暮らしは発酵食品で」へ行ってきました。

セミナー系のイベントが好きでよく応募するのですが、

すでに4回目を迎えるこのイベントのことは今回初めて知りました。

イベントフォーラムのパンフレット&お土産


パネリストは料理研究家としておなじみの

土井善晴さん、農学博士の藤井建夫さん、

発酵学者の小泉武夫さん、タレントの山瀬まみさん。

味噌や豆腐など、普段何気なく使っている発酵食品について

専門家さんたちが分かりやすく楽しく伝えてくれ、

改めて発酵食品のすごさを実感しました。


特に”発酵仮面”こと小泉武夫さんの話は印象に残りました。

東南アジアに出向いた際に集団食中毒に遭ったものの、

小泉さんだけが一人ピンピンしていたそうです。

その理由は納豆粉(だったかな?乾燥させた納豆のようです)を

持ち歩いており、それを事前にたくさん摂取していたおかげではないかと

いうことです。

発酵食品には雑菌を殺す役割があると聞いて、

妙に納得しました。

確かに生ものでも味噌漬けや粕漬けにすれば、

腐らないで長期保存が可能ですからね。


もう一つは、小泉さんおすすめの”最強の発酵食品”。

本人曰く、これを食べると「めちゃめちゃ元気」になるんだとか。

それは、豆腐の味噌汁にひきわり納豆を入れ、

焼いて細かく刻んだ油揚げを入れたもの。

体にとって必要なタンパク質を取るために

お肉ばかり毎日食べると

カロリー&血糖値増で大変なことになるけど、

同じタンパク質でもすべて大豆でできたこのメニューであれば

毎日でも食べても大丈夫、だそうです。

肉があまり食べられなかった時代、

大豆が生活にとって欠かせない食品だったと聞いて、

なるほどと思いました。


ちなみにご本人もおしゃってたんですが、

小泉さんは70歳前後という御年ながら

肌はツヤツヤ、髪もフサフサで、とても若々しい感じでした。

これも発酵食品という最強パワーフードのおかげなのかもしれません。


土井先生の実演もあり、3時間はあっという間でした。

お土産に仙台味噌ももらって、とても満足な気分に。

学んだことは早速、料理に活かしたいと思います。






Posted bykirinohana