レシートの打ち間違いでモヤモヤ

kirinohana

-
いつもよく行くスーパーで、普段より多めに買い物をした週末の土曜日。

支払いをカードで済ませ、お得でいい買い物ができたとルンルン気分で家路に着きました。


翌日レシートを見ると、なぜか買った覚えのない

「小玉すいか ¥802」の記載が。

一瞬、誰か別の人のレシートかと思ってしまいましたが、

ずらっと並んだ商品名は、間違いなく私が購入したもの。

よく見ると、一つだけ購入したはずの100円前後の甘夏みかんの

記載が見当たらず、レジでの打ち間違いだと気が付きました。

会計当時は合計金額だけ見て、

”いつもより多めだし、こんなものかな”と思ってしまったのが

失敗でした。


さて、どうしよう。

その日は休日で外に出る予定がなかったため、

翌日出勤前にスーパーに立ち寄って

お店の人に事情を話そうかと考えましたが、

それだと時間が空きすぎることもあって、

なんだかモヤモヤしてしまいます。


それに、小玉すいかでなく購入したのが甘夏みかんだということを

どうやって証明するのか?ということを考えると

更にモヤモヤ。

よく行くスーパーとは言え

店員さんが毎回同じ人ではないので、

「よく甘夏みかんを購入している客」という認識が

お店側にあるはずもありません。


結局は事前に電話した方が無難だと思い、

レシートに記載された番号に電話することにしました。


幸い、お店の人は謝罪の言葉と共に快く対応してくれ、

レシートをお持ち下さいとのこと。

電話の最中、ふっと思いついて

「ちなみに小玉すいかってこの時期に売ってるんですか?」

と聞いたところ、今は売っていないとのこと。

ああ良かった。

レシートの間違いに気付く前に

すでに一部食べてしまった甘夏みかんをお店に持参して

証明した方がいいのかな…とも思っていたので

(それが果たして証明になるのかは分かりませんが)

ホッとしました。


普段はサービス業として同じ立場で働いているだけに、

何度も頭を下げ、恐縮しながら返金対応してくれた店員さんの気持ちは

よく分かります。

お客さんによっては感情まかせに怒る人もいますからね。


今後は会計時にきちんと金額とレシートを確認しよう、と

自分でも反省させられた出来事でもありました。




関連記事
Posted bykirinohana