bykirinohana

ハバネロパウダーという万能調味料

普段は甘い物ばかり食べているので

甘党だと思われがちな私ですが、

実は大の辛党でもあります。


ただし、夫が辛いものがダメなため、

我が家のカレーライスも麻婆豆腐も、基本はすべて甘口です。

もちろん別々の鍋で作ることも可能ですが、

洗い物を増やすのも面倒なので

後から自分の分のお皿に香辛料だったり豆板醤だったり

加えることがほとんどです。


それでもたまに欲求不満がたまるのか、

無性に辛いものが食べたくなるときも。


かつて印象に残っているものと言えば、

上野のアメ横で食べた一番辛いソースのかかった

ケバブです。

迷わずそれを注文したところ、

外国人の店員さんが

「ダイジョウブ?カライヨ!ホントにカライヨ!」

と忠告してくれましたが、

食べたら本当に辛く、涙と鼻水が止まらなかったという

エピソードがあります。

それでもまたあのケバブを食べたくなる不思議。



そして最近、夫が「ハバネロパウダー」なるものを

買ってくれました。


先日テレビ番組で、ある俳優さんが

ツナ缶にハバネロパウダーをかけて、

お酒のつまみとして食べているのを見たことが

きっかけでその存在を知りました。

一振りで結構辛いと聞いて、

ぜひこれは試してみたい!と思っていた矢先の

サプライズ。


早速ラーメンやピザトースト、冷や奴などいろんなものに使ってみましたが、

これぞ自分が求めていたもの!と言えるほどの満足度の高い辛さ。

食卓に常に常備しておきたい調味料だと感じました。


この時期だと体もぽかぽか温まっていい感じです。

辛党の私にとってはまさに万能調味料なのでした。



ただあんまり頻繁に使っていると

舌が慣れてしまいそう&胃に負担がかかってしまいそうなので、

やはりたまに使ってその辛さをしみじみ味わうのが

一番いいのかもしれません。



関連記事
kirinohana
Posted bykirinohana