我が家のオリジナルと思われるお雑煮

kirinohana

-
年末ギリギリに無事おせちを作り終え、

元旦はゆったりと過ごすことができました。

あれだけ気合い入れて作っても

2日目の夜にはほとんどなくなってしまうのは

どうかと思いますが、

それ以上になると飽きてしまう気がするので

逆にちょうどいいのかもしれません。


おせちに加え、忘れてはならないのがお雑煮。

我が家では1年ごとに交代で、

違う味付けのお雑煮を作っています。

私の実家のお雑煮と、夫の実家のお雑煮と

両方を食べたいという欲求を満たすことを考えた結果、

そういう決まりになりました。

今年は夫の実家起源のものです。


初めてお互いのお雑煮を目にしたときは衝撃でした。

私の方のお雑煮は、すまし汁タイプのだし汁に

丸餅とほうれん草、焼き鮭、かまぼこ、焼いて細切りにしたスルメが

入っていてシンプルな感じですが、

夫の方は甘辛い醤油味ベースの汁に

角餅、人参やごぼう、れんこんや里芋、鶏肉など

具沢山でボリューミーな感じでした。

正確には、結婚して最初の年に

夫の母(義母)からたくさん作ったお雑煮をお裾分けしてもらったことから

知ったのですが、(え?これってお雑煮じゃなくて煮染めじゃ…?)と

思ったのを覚えています。

私の実家ではおせちとは別に煮染めも

正月料理の一品として作っていたため(むしろそれが普通だと思っていたため)

いささか不思議でしたが

夫曰く「うちの親が面倒だったから一緒にしちゃったのかも」

とのことで、合点がいきました。

実家というより、義母オリジナルのお雑煮だったのかもしれません。


夫の方も、あまりにもシンプルなお雑煮に

「なんか…田舎っぽいよね」と口走り、カルチャーショックを受けていました。



そういうわけで、両方の味を引き継ぎつつ

夫側のお雑煮を作る年は煮染めは正月料理として

登場しないことになっています。


お雑煮は地方によっても家庭によっても

だいぶ味が違うと思いますが、

それを食する機会というのもなかなかないので、

自分の実家以外のお雑煮を食べれるというのは

貴重な体験かもしれません。


今ではこの煮染め風お雑煮も、

すっかり我が家の味として定着しました。





関連記事
Posted bykirinohana