bykirinohana

高望みしない懸賞

懸賞が好きで、普段からインターネットや雑誌、お店に置いてあるハガキを

チェックしてはよく応募しています。


当たりはずれは波がありますが、

最近は結構調子がいい方です。


先日は、KIRINのメルマガで一番搾り6缶セットが当たりました。

KIRIN一番搾り6缶セットに当選!

家族や友人以外でこんなに誕生日おめでとうと言われた年は

今年が初めてかもしれません。(※7/8のブログ参照)


子供の頃からくじ運だけはいい方でした。


お祭りの縁日でくじを引くと、

一緒にいった家族やいとこが残念賞(参加賞)のポテチやイカ焼きなどをもらう中、

私だけはお歳暮に入っていそうな缶タイプのサラダ油だとか高級そうなバスタオルなどが

当たっていました。

大人は大喜びでしたが、

小学生の私が貰っても全然嬉しくないものだったので、

(私もポテチがよかった・・・)と内心がっかりしたのを覚えています。


一方で、当時人気だったマンガ「ちびまるこちゃん」の全巻セットや

おもちゃのカンヅメ、不二家のペコちゃんグッズなどちょこちょこ当てたことが

懸賞に目覚めるきっかけになりました。


たった1枚のハガキが自分の欲しかったものに化ける喜びを

味わってしまうと、ハマって当然かもしれません。


ビール6缶でウキウキの今と比べると、

あの頃はなんて純粋だったんだろう・・・とふと思いました。

高望みをしてない分まだマシなのかもしれませんが。





関連記事
kirinohana
Posted bykirinohana