bykirinohana

自分の悪いクセ

人から頼み事をされ、そのときは軽い気持ちで引き受けたものの、後になって

「ああ、やっぱり断ればよかった」と後悔することが時々あります。


先日も、同じようなことがありました。


勤務先の飲食店の店長から

「来週のこの日、シフト休みになってるけど出れる?」と尋ねられました。


咄嗟のことで

「ええと・・・はい、大丈夫です」と答えたものの、

あとで確認すると、

その日出勤すると次の休みが遠くなってしまうことに気付き、

心の中で発狂。


かと言って後で「やっぱりダメです」とも言えず、

はぁ~と溜息。


要領が悪いというか、不器用というか・・・


「八方美人」という言葉は美徳かもしれないけど、

自分も周りも幸せにしないということに気付いたのは、

実はここ数年のこと。


20代の頃はいつも自分と周りのバランスにもがいていたように思います。

30代になった今、「自分の人生なんだから自分の意志で生きなきゃ!」と

八方美人を卒業することを決意したのですが…

長年の性格のクセというものはなかなか抜け出せないものですね。


それでもめげずに「NOと言える人間」を目指したいと思っています。


あともう一つ、自分を変えたい部分があるとすれば

優柔不断なところです。

欲が深いだけに決められない、とでも言うのでしょうか。


例えばスーパーに買い物に行ったときに

何を買うか迷うことはよくありますが、

私の場合、下手したら同じお店を1時間以上ぐるぐる回っていることがあります。


仕事は早く終えているはずなのに帰りが遅いときは

夫に「何やってたの?」と聞かれることも。


今は事前に何を買うか書いた購入メモを持参するようになり

少しはマシになりましたが、

途中であちこち余計なものに目移りしてしまうクセは相変わらずです。


このまさしく「時間の無駄」な欠点を直すべく、いつも自分と闘っています。
関連記事
kirinohana
Posted bykirinohana