パン屋さんの定点観測2

kirinohana

-
いつも専用のトレーやトングを使わずに、

まずレジでビニール袋を1枚要求してから

パンを自分でまとめて入れて持ってくるおじいちゃん。

手で直にパンをつかんで持ってくるお客さんはたまにいて、

こちらでさっとビニールを取り出すので

それ自体は特に問題はないのですが、

会計時に使う電子マネーやポイントカードの使い方が

よく分かっていないらしく、

毎回のように説明しなければなりません。


電子マネー端末を前に「このボタン押すの?」、

(端末に触れれば自動的に引き落とされる仕組み)

財布を開いて「ポイントカードってどれ?」

(中にはいろんなお店のカードがわんさか)

頻繁に来店している割に

仕組みを覚えようとしない方に、毎度毎度説明するのは

結構疲れます。


極めつけはストーカーおじさん。

特定の女子スタッフと接触したいばかりに、

スライサー役(パンを切る役)の彼女からの

商品の直接受け渡しを狙って

パンのスライスをオーダー。

それがどんなに混んでいるときでも

行われるので更にレジを渋滞させる始末。

そしてそのタイミングを狙うために

1日に何度も来店。

一見大人しそうで害がない感じなのですが

やることは結構大胆だなぁと感じます。


当のスタッフ本人はすでに気が付いて

最近では彼が来店すると「気持ち悪いっ怖いっ」と

奥に引っ込んで避けていますが。

20代女子と、どうみても定年間近のおじさんじゃ

そうなって当然だと思いますが…。


日々お店で働いていると、いろんなお客さんがいるなぁとつくづく感じます。

老若男女問わず来店するパン屋さんだからこそ、

余計にそう感じるのかもしれません。

人間観察にも適したこの場所で、

今日も懸命にお客さんをさばいています。



関連記事
Posted bykirinohana