bykirinohana

怨念のトランプ占い

毎朝、トランプ占いが日課です。


いい年をして、と言われそうですが、これがよく当たるんです。

自分でもたまに怖くなるほど。


占いとか風水とか、スピリチュアル的なものは元から大好きなんですが、

第六感とかそういうものは感じたことはほとんどありません。


でもなぜか、このトランプ占いだけは別格なんですね。


例えば、

その日一日の出来事のメインを表すカード=キーカード

が2枚あるんですが、そのうち1枚が

ダイヤのAだったとします。


ダイヤのAは金運の最高潮を表すカード。

このカードが出ると、その日思いがけなく贈り物や景品を貰ったり、

金運に関していいことがあったりするのです。


また、ある日のキーカードが

スペードのAだったとします。

これは、災いや不運を表す中でも、最も悪いカード。

このカードが出ると、大きなミスをしたり、誰かとケンカをしたり、

極端になると事件や事故に巻き込まれる可能性があると言われています。


実際は悪いことの方が記憶に残りやすいせいか、

いいことよりもよく当たっている気がします。


幸い大きな不幸に遭遇したことはないものの、

一日の終わりに「ああ、やっぱり」とうなだれることもしばしば。

悪いカードが出たときは、一応その日一日気を付けよう、と思うのですが、

それでも避けられなかったことが多々ありました。


でも占うのが結局自分のことなので、

「私のトランプ占いよく当たるの!」と息巻いたところで、

言われた相手は「ふーん…」という反応がほとんどなので、

ちょっと寂しくなります。


ちなみにトランプは使い込んでもうボロボロなんですが、

人に言わせれば「怨念がこもっていそう」だそうです。
関連記事
kirinohana
Posted bykirinohana