美容院に行って思ったこと

kirinohana

-
ずっと気になっていたプリン頭を解消すべく、

3、4ヶ月ぶりに美容院へ行ってきました。


通常は、明るすぎず暗すぎない茶髪でいることが多い私。

ファッション要素ももちろんあるのですが、

何せ地毛が真っ黒でツヤがなく、

その上頭が大きいことが相まって

染めないとかなり重たい印象を漂わせてしまうのです。


そのためなるべくこまめに美容院に行くことを

心掛けてはいるのですが、

タイミングが合わないと

今回のようにだいぶ間を空けてしまうことも。


あとは、同じお店に続けて行くことがほとんどないことも、

その原因の一つかもしれません。



美容院に限りませんが、

「行きつけのお店」となることを私はあまり好まない傾向があるのです。

顔と名前を覚えられてしまうことに

気恥ずかしさを感じるというか、

親しくなりすぎて、プライベートに入り込まれるのが

嫌だと感じるからかもしれません。

こんなところがつくづく自分は不器用だなぁと感じています。


今回行った美容院は、

珍しく2回連続での来店だったのですが、

前回行ったときに印象的だったことが

一つあります。

どこの美容院も大抵あるとは思いますが、

初回来店時は住所や名前の他、髪の悩みなどを記載する

簡単なアンケートを渡されるのですが、

その中の項目の一つに

「施術中に話しかけても問題ありませんか?」と

言うのがありました。


答えの選択肢は3つあり、

①「どんどん話しかけてほしいし、髪についてのアドバイスも

積極的にしてほしい」

②「あまり話しかけてほしくないが、髪についてのアドバイスだったら

聞いてもよい」

③「話しかけてほしくないし、アドバイスも特にいらない」

というものでした。

(細かい文章は少し違っているかもしれませんが、

要約すると上記のような感じでした)


こんな質問がわざわざあると言うことは、

それぞれ同じようなタイプの人間がいるということ。

なんだかホッとしました。

ちなみに私が丸を付けたのは②番です。


小さなことかもしれませんが、

こんな気遣いをしてくれる美容院は感じがいいなと思いました。


ただし前回に続き2回連続で思うような髪型にはならず

(むしろ失敗だったので)

そんなせっかくのいいイメージも打ち消されてしまいました。

残念ながらこのお店の3回目の来店はなさそうです。









関連記事
Posted bykirinohana