物持ちが良い、は逆に損?

kirinohana

-
現在使っているスマホが6、7年目になるのですが、

先日とうとうLINEが開けなくなってしまいました。

と言うのも、6.00未満のバージョンがサービス終了してしまったのです。

すでにアップデートにも対応していないので

残る道は買い換えるしかあらず。

もう少し長く使いたかったんだけどなぁ・・・


ちなみに本体はXperiaですが、数年前からSIMフリーで使っていました。

購入した当時は今ほどスマホも普及しておらず、

それこそ最新には違いなかったのですが、

直後にも次々と同じ機種の新商品が発売され

数ヶ月ですでに旧機種になってしまい、

なんだかなぁという感じがしたのを覚えています。


そういえば前回持っていたガラケーも

長年同じもので通信サービスが終了する間際まで

使っていました。


物持ちがいいというか、

物によってはそれほどこだわりがなかったりするので

たまにこういうことが起こります。


新しいものを取り入れる機会を逃していることを考えると、

時代に取り残され、損している気もしなくもないのですが。


似たようなことが、自宅の洋服タンスでも。

2、3ヶ月に1回は新しい洋服を購入するものの、

最後いつ着たのか分からないような服がタンスの中を占領しています。

これらを「いらない服」だとカテゴリー付けできないのが

貧乏性という感じがします。

その分のスペースは新しい服を取り入れた方が

はるかに気分が違うとは思うのですが。


いつか着るかも、と思っているうちは

その「いつか」はほとんど来ない、と聞いたことがありますが

まさにその通りかもしれません。


ちょうどいいタイミングなので、

新しいスマホや洋服を買って、古いものは処分して

気分を一新させようと計画中です。









関連記事
Posted bykirinohana