私のフリーペーパー愛について

kirinohana

-
先日所用で久々に電車に乗りました。

久々に、と言うのは現在の勤務先が自転車圏内にあるのと、

最近は遠出する機会があまりなかったため。


なので、なんだか新鮮な気持ちで電車に乗り込みました。


朝のラッシュ時の時間帯でしたが

お盆明けという時期もあってか比較的空いており、

手持ちの本をゆっくり読むことができました。


自宅ではなかなか読書の時間を確保できませんが、

電車だとできてしまうのはなぜなんでしょうね?


周りの人はほとんどスマホをいじってますが、

目と首が疲れるので電車の中では私はほとんど使っていません。


電車でお出かけ時の荷物は財布と携帯、そして1冊の本とお茶が

自分にとって必須なのですが、

帰りはその倍くらいの重さの荷物を抱えることになります。


それはなぜか?


私があらゆるフリーペーパーをかき集めて持って帰るからです。

フリーペーパー愛とでも言うのでしょうか、

あのローカル感と素朴な感じ、そしてマニアックな情報が

どんな大衆雑誌よりも魅力的に感じます。


特に駅構内はありとあらゆるフリーペーパーが

置いてあるため、私にとっては宝の宝庫。

電車を利用する機会が減ってからは

手に取る機会もぐんと減り寂しく感じていました。


その反動もあって、今回はここぞとばかりに収穫してきました。


ちなみにフリーペーパーは割と大きくかさばるので、

電車の中で読むことは好みません。

自宅でじっくり目を通すのが私の流儀です。

フリーペーパー

写真は極一部で、

実際はこの倍は持って帰ってきました。

肩がとても痛くなりましたが、満足感でいっぱいです。



関連記事
Posted bykirinohana