なぜか当たる、悪いジンクス

kirinohana

-
この前自転車に乗って勤務先に向かっていると、

道路脇に何か塊のようなものがあるのが目に入りました。


あっ・・・と思うと同時に、それが猫の死体であることが分かりました。

体の上には布のようなものがかぶせられていました。

きっと車に轢かれたのを、当事者か見かけた人が

せめてもの救いで脇に寄せてあげたのだと思います。

朝で急いでいたこともあり そのまま通り過ぎましたが、

重苦しい気持ちが残りました。


その日私は、夫と喧嘩をしました。


ちょっと前には、目の前で異様な様子で騒ぎ立てる

2匹のカラスを見かけました。

その日も直後に夫と喧嘩していました。


虫の知らせ、ではないけれど、たびたび私の周りではこういうことがあります。

ただの偶然だと思いたいけれど、そう思えない理由が一つありました。


もう10年近く前のことになりますが、

ある日故郷に住む祖父が危篤という知らせを受けました。

ほとんど実家に帰っていなかった私は、

突然の知らせにただただ驚くばかり。

なにかあったら知らせて、とだけ伝え、親からの電話を切りました。


そしてその翌日。

私は買い物を終えて街中にいたのですが、

突然、左手にはめていた腕時計がするりと地面に落ちました。

慌てて拾い上げると、金属製のベルト部分が切れ、

針も止まったまま動かなくなってしまいました。


それまでベルトが壊れるような兆候はなく、

直前に時計に触れていたわけでもありません。

昨日の祖父の危篤の話を思い出し、

私は嫌な予感がしました。


同じ日、私は全く別々の場所で3回黒猫に横切られました。


ここまで来ると、不可思議さを通り越えて

ああ、こういうものなのかと思ってしまうものです。


予想はしていましたが

祖父はその日、息を引きとったそうです。


そんなことがあったため、

一般的に縁起が悪いと言われていることを目撃してしまうと

自然と身構えてしまいます。


事前に予測できればいいのですが、

祖父のときのように自分ではどうしようもないことだって

起こることがあるわけで・・・なかなか難しいものです。



たまには何か嬉しい兆候があるといいなぁ・・・。
関連記事
Posted bykirinohana