FC2ブログ
bykirinohana

コンタクトの度数を間違えて・・・

いつもインターネットでコンタクトレンズを購入している私。

先日、買ったばかりのレンズを下ろして装着したところ、

”あれ?なんかおかしいな…”と違和感を感じました。

ピントが合っておらず、そのときはじめて

度数を間違えて購入したことに気が付きました。

あ、やばい。

レンズを交換したのは片目だけでしたが、

すでに元使っていた分の在庫は残っていません。

そういえば今回購入するときに

度数の部分を選択クリックした覚えがなく、

最初に設定された度数(一番低い度数)で

そのまま届けられてしまったのでした。

いつもとは違うお店で購入したことも、

見落としの一因になったようです。

”Oh・・・”とまるでネイティブのような

ため息が出てしまいました。


もう何年もきちんと視力を測っていませんが、

両目とも裸眼で0.1もないことだけは確かです。

ネット購入なので3、4日で届くとは言え、

新しくレンズを購入し直して届くまで

片目だけほぼ裸眼で過ごさなければ

ならないことになるとは・・・。

普段は朝起きてから寝る直前までレンズを

着けているので、不安になるのも無理もありません。

そしてすでに開封してしまった6個入りレンズの

残りをどうするか。

返品もできないため、メルカリで売るしかないかなぁと

考えています。


そんなわけでここ数日は片目だけにピントを合わせて

生活しているわけですが、これがかなり疲れます。

片目だけに負担をかけるのも良くないとは

思いつつ、こうするより仕方ありません。

相変わらずおっちょこちょいな自分を呪いました。


思えば視力が悪くなり始めたのは

小学校2年生からで、

黒板の字が見えなくなっても、

向こうから手を振っている知り合いに気付かなくても、

二十歳くらいまでは裸眼で頑張ってきました。

メガネにどうしても抵抗があったことと、

コンタクトはつけるのが怖いというイメージが強かったのが

一番の原因でしたが、

その後始めたアルバイトの飲食店で

「油も扱うし、危ないからメガネかコンタクトを」と促されて

コンタクトデビューすることに。

そしてその瞬間から、大げさではなく

まるで世界が変わったように感じたのは

今でも覚えています。


今やコンタクトなしの生活は考えられず、

よくそれまで裸眼で生きていられたなぁと思ってしまうほど。

そんな状態なので、今回改めて

コンタクトのありがたみというものをしみじみと実感しました。

ケースを洗わずに放置したり、

ケアが雑だったりすることが多い私ですが、

もっと改めなければと思いました。

そして購入するときは度数をきちんと確かめようと

肝に銘じた出来事でした。







関連記事
kirinohana
Posted bykirinohana