FC2ブログ
bykirinohana

年末ジャンボに行列のニュースに思う

この時期になると必ず耳にするのが、

年末ジャンボ宝くじの話題。

都内でも西銀座チャンスセンターや

新橋の烏森口などに行列する様子が

ニュースになっているのを見かけます。

今や1等前後賞合わせて10億円らしいのですが、

もはや額が大きすぎてピンと来ないというのが

正直なところです。


かういう私は、ジャンボはまだ一度も購入したことが

ありません。

20代の頃に2、3度ロト6を購入したことが

あるのですが、すべてかすりもしなかったため

この方面にはどうも縁がなさそうだと思い、

以来購入したことがありません。

特に年末ジャンボに関して言えば、

大多数の人が購入しているというイメージがあり

(実際一人で何百枚と購入している人がいることを考えると)

競争率が激しく、当たる気がしなかったりします。

それでも夢の億万長者に憧れがないわけではありません。

数百円の投資で大きな幸せをつかめるんだったら

こんなにいいことはないですからね。


宝くじで思い出すのは、昔働いていた職場。

そこは男性の多い小さな職場だったのですが、

まわりはみんな宝くじにはまっていて、

「今日10枚買った」「一枚だけ当たっていた」と

毎日のように話題にして盛り上がっていました。

職場の目と鼻の先に、宝くじ売り場があったことも

そうですが、一人の年輩の男性が何十年と買い続ける

”宝くじ長者”だったこともかなり影響していました。

実は私がロト6を初めて買ったのも、

発端はその男性の話がきっかけでした。


その方は最高額で100万円?くらい当てたことがあるらしく、

当時その当たりくじを持って銀行に行ったときのことを

話してくれました。

窓口で名前を呼び出されると、

通常の一般人は入れないような奥の部屋に案内され、

そこで現金100万円を手渡されたそうです。

歓喜した状態でお店を出ようとすると、

なんと従業員全員が立ち上がり、

「○○様、ご当選おめでとうございます」

「おめでとうございます」

と拍手でのお出迎えがあったとか。

恥ずかしくてそそくさとお店を出たと彼は話していましたが、

意外な当選秘話に面白さを感じました。

ただ、だいぶ昔の話で

今だったら間違いなく個人情報漏れだとか

犯罪に巻き込まれる可能性の方が大きいので

同じようにはやっていないとは思いますが・・・。

当選した上で歓迎までされるなんて

なんともうらやましい話です。

実際に高額当選した人が身近にいると、

じゃあ自分も、と思ってしまうのは

自然の流れかもしれません。

残念ながら玉砕してしまいましたが。


今年も大にぎわいの宝くじ内場を眺めながら

いつかまた買ってもいいかも、と

思っている自分がそこにいたりします。
関連記事
kirinohana
Posted bykirinohana