bykirinohana

私の引っ越し願望

常々から引っ越しをしたい、と考えています。


都内でも郊外寄りの現在の場所に住んで4、5年。

だいぶ住み慣れてきてはいるのですが、

だからこそ環境を新しく変えたいと思ってしまいます。

マンネリ化を防ぎたい、とでも言うのでしょうか。


元々転勤族の家庭に生まれ、

小学校に上がるまでに4回、

中学で1回、高校で2回引っ越しをした経験があるので、

環境を変えること自体に抵抗はありません。


一人暮らしを始めてからも4回、結婚してからも2回。

お金と時間に余裕があれば、もっと増えていたかもしれません。


多分、引っ越しが好きなんだと思います。


もちろん馴染んだ人や場所と離れてしまう寂しさはありますが、

それ以上に環境を変えれば

今よりもっと楽しい生活が待っているかもしれない、

と考えてしまうのは、趣味の風水の影響もあるのかもしれません。

家相を変えれば人生が変わる、と言いますからね。


そういえば私の父も、引っ越しのときはどことなく嬉しそうでした。

中には不本意な転勤もあったはずなのに、

それでも悲愴感など皆無な様子でした。

「なるようになるさ」という父の性格を私も受け継いでいるのかもしれません。


ただし実際に引っ越しを行うには、なかなか壁が厚そうです。

保守派、安定派の夫は現在の住まいを終の棲家に、と考えており

私のように「人生は冒険だ!」とはならないようです。


定年後はインドネシアやタイに住みたいと言っては

母に渋い顔をさせた父を思い出します。

やっぱり親子だなぁ…


なにか突発的な事案で(自然災害等を除く)引っ越しできる日が来ることを

密かに願う毎日です。














関連記事
kirinohana
Posted bykirinohana