桐と花の家

Archive2017年10月 1/1

スーパーで枝豆を買ったら…

先日スーパーで冷凍の枝豆を買い、その日のうちに夕食で枝豆ごはんにしようと食事の準備をしていました。流水解凍だったのでそろそろいいかな~と味見をしたところ、「?!なんかカビくさい・・・」気になってニオイをかぎ、もう2、3回味見。やっぱり青臭いニオイがかすかにしました。見た目は全然普通でしたが、ここはニオイに敏感な夫の出番だと思い、彼にも食べて確認してもらいました。特に何も感じないという彼の返事の元、や...

  • Comment -
  • Trackback -

パン屋さんの定点観測2

いつも専用のトレーやトングを使わずに、まずレジでビニール袋を1枚要求してからパンを自分でまとめて入れて持ってくるおじいちゃん。手で直にパンをつかんで持ってくるお客さんはたまにいて、こちらでさっとビニールを取り出すのでそれ自体は特に問題はないのですが、会計時に使う電子マネーやポイントカードの使い方がよく分かっていないらしく、毎回のように説明しなければなりません。電子マネー端末を前に「このボタン押すの...

  • Comment -
  • Trackback -

パン屋さんの定点観測1

現在のパン屋さんで働き始めて約1年半。飽きっぽいところがある自分にとってはまあまあ長く続いている方で、決して楽ではありませんが、変なしがらみもなく、割と居心地がいいのかもしれません。ショッピングモール内にあるということもあり、お昼時は行列ができるほどの人気。休日もレジから動けないことがほとんどです。他の有名ベーカリー関係のお店や、隠れた名店で勤務経験がある私にとっては現在のお店は味は格段に落ちます...

  • Comment -
  • Trackback -

唯一得意だった縄跳び

すっかり日の入りが早くなった帰り道、小学生くらいの女の子が通りの真ん中で縄跳びをやっているのを見かけました。懐かしいな~、そろそろ季節的に体育の授業でやってるのかな~と思いながら通り過ぎました。その日の夕食時、テレビでたまたま小学生の大縄飛びの大会ドキュメント番組をやっていました。全国で選りすぐりの小学校の生徒たちが競い合うのですが、そのレベルの高さに驚きました。縄を回す回転速度も、前の人に続いて...

  • Comment -
  • Trackback -

サンドイッチが美味しく作れる特技

手料理をめったに褒めない夫が、サンドイッチの腕前は褒めてくれます。手料理というにはあまりにも簡単でおこがましいですが、彼曰く「これだったらお店に出して、お金を払ってもいいレベル」とのことでまんざら悪い気はしません。具材もいたってシンプルで、大抵は卵やトマト、レタス、きゅうり、ハム、チーズなどでたまに鶏の照り焼きが加わったり、レタスがキャベツになったりします。今回は野菜と卵で作ってみました。特にだれ...

  • Comment -
  • Trackback -

なくても困らないけど、あったら嬉しいもの

普段肩こりとはあまり縁がない方ですが、時々夫にマッサージしてもらうと思いのほか凝っていると感じることがあります。パン屋さんでレジが中心の仕事とは言え、忙しいとずっと同じ体勢でレジを打つはめになり、(それでも手だけは高速フル回転状態)あとは1枚でも充分重い鉄板やお客さん用のトレーやトングなど一度に大量に運ぶこともあるため、予想以上に体に負荷がかかっているのかもしれません。そんな私が疲れを実感したとき...

  • Comment -
  • Trackback -

サッカーはなぜかジャンクフードがよく合う

先週に続き、キリンチャレンジカップ VSハイチ戦を昨日観戦しました。前半に日本が2点目を入れた時点で「余裕で勝てる!」…ときっと誰もが思ったのではないでしょうか。でもそう上手くいかないのがサッカーの難しいところです。日本のゴールが運に助けられたものだとすれば、ハイチのゴールは2点ともきれいなストレートゴール。悔しいですが、今の日本のサッカーではハイチのようなプレーはできないなと思いました。もちろん素...

  • Comment -
  • Trackback -

サッカー観戦で沸き上がった夜

先日はサッカーのキリンチャレンジカップでVSニュージランド戦があり、テレビで観戦しました。FIFAランキングでは日本40位、ニュージーランド113位とだいぶ差があるので余裕で勝てると思っていましたが、どしゃぶりの雨で思うようにボールが飛ばなかったせいもあるのか、前半はもたついててやきもきしました。しかしながら、後半終了間際に同点から日本が1点取り返して見事勝利!こういうところがやはり日本の粘り強さ...

  • Comment -
  • Trackback -

幼稚園で歌っていた曲の謎

昔からずっと気になっている曲が一つあります。それは幼稚園の頃に歌っていた曲で、曲のタイトルも、明確な歌詞も分からないというもの。ただ旋律がすごく印象的で、30年以上経った今でも強く心に残っています。出だしは「大きな手の平に~ぼくも私もつかまってどこまでもどこまでも(歩いていきたい?) お父さん~(以下続くものの歌詞は不明)」というもの。多分童謡の一種で、子どもの目線からお父さんとの触れあいを書いた...

  • Comment -
  • Trackback -

パンに魅力を感じる理由

あまり声を大にしては言えないものの、私はご飯よりもパン派、であります。それは至って普通のことかもしれませんが、私の実家は元農家。主に作っていたのはイチゴですが、自宅で食べる分にはお米や野菜も作っていました。そんな環境で育ちながら和食よりも洋食、とでも言っているような嗜好はなんだか後ろめたい感覚さえしてしまいます。子どもの頃は食卓に洋食メニューが登場したことはほとんどありません。野菜の煮物や魚が中心...

  • Comment -
  • Trackback -