桐と花の家

ロマンチックでない桜の思い出

-
東京でも桜が徐々に満開に近付いています。毎年毎年、お花見に行きたいなぁ~と思いつつも、行く機会を逃すことが多い私。何せ花が咲いている時期が短く、それに合わせて休みを取るというのもサービス業ゆえ難しいものがあります。通勤途中にも桜並木があるのですが、歩いているだけでぼおっと見とれてしまい、それだけで満足している部分があることもお花見から足を遠ざけている理由の一つかもしれません。あとは、夫が花粉症でな...

カーリング女子の韓国産イチゴで思い出したこと

-
オリンピックでのカーリング女子の活躍で、韓国産のイチゴが話題になりました。韓国産とは言っても日本の原種らしく、改めて日本のイチゴって流通しているんだなぁと実感。私の実家は元・イチゴ農家なので、イチゴが話題に上るとつい、実家で食べたイチゴのことを思い出します。元、というのは祖父が亡くなってから、跡継ぎが誰もおらず栽培をやめてしまったから。全盛期だった私の子供の頃はさほど興味がなかったものの、もう食べ...

バレンタインの思い出2

-
20代になってからのバレンタインの思い出。当時働いていた飲食店のお店には、アルバイト従業員同士のカップルがいました。爽やかな2人で、周りから見てもとても幸せそうに見えました。バレンタインが近付いたある日、私はお店の事務所で一人食事休憩を取っていました。そこへ、カップルの一人である男性が入って来ました。軽く何か話したあと、私は彼に小さなチョコ菓子を渡しました。特に深い意味はなく、いつも私は小さなお菓子...

バレンタインの思い出1

-
バレンタインデーが近付いてきました。学生の頃から色恋沙汰とほぼ無縁だった私ですが、それでも自分のために特別なチョコを買うとなると、結構ワクワクしたものです。小学生の頃は、父親が会社の人から貰ってくる大量の義理チョコが楽しみで、普段食べれないボンボンショコラを口にしては悦に入っていました。今思えば、義理チョコにしては結構お金がかかっていたなという印象ですが、普通の会社勤めの女性というのはそういうもの...

こんにゃくゼリーから思い出したこと

-
最近、生まれて初めて「こんにゃくゼリー」を食べました。これまで特に敬遠していたわけではないのですが、なんとなく食べる機会を逃しており、夫がドラッグストアで購入してきたことで初めてその味を知ることになった次第です。感想としては、普通においしいと感じました。口にして分かったのですがなるほど、弾力のあるゼリーという感じなんですね。ひと昔前に子供やお年寄りがのどに詰まらせるという事象が問題になりましたが、...